専門家に相談する交通事故慰謝料について

交通事故慰謝料は、事故の原因や被害者の職業やケガの程度で変わってきます。保険会社のある程度の基準はありますが、個人差で変わってくることが考えられます。保険会社が提示された金額で納得できればいいのですが、そうでないときもあります。

その時は弁護士に相談すると保険金が上がって、自分が納得出来る金額になるという事例があります。保険会社はなるべく支払いを少なくしたいのです。体が万全ではないので一人で悩まずに誰かに相談してみてください。怪我が治ったら事故そのものも早く忘れたいものです。できたらこう言った事故や保険や法律に詳しい専門家がいいと思います。

交通事故慰謝料の事例について

不慮の事故で交通事故に巻き込まれた時に、保険会社から示談を進められる場合があります。例えば車の助手席に乗っていて、相手側が後ろから追突してきたとします。その時には、まず、怪我があれば救急車を呼び、次に警察に連絡をし、そして落ち着いてから保険会社に連絡をします。

その時に軽いけがをしたとします。自分では自覚症状はないが、少し頭がふらふらする等の不安ですが、特に目立つ外傷や痛みはないという場合です。この時に、相手側の保険会社、または弁護士から示談での解決を勧められる事例があります。交通事故慰謝料として妥当な金額を提示されて、納得できれば保険金として受け取り、話し合いを解決するという方法です。

交通事故慰謝料の相場はどれくらいか

運悪く交通事故に遭ってしまった場合に、気になるのは交通事故慰謝料や示談金はどれくらい貰えるのでしょうか。多くの事故の場合、自賠責保険が適用されますが、自賠責で補えない部分も出てくるため、任意保険でカバーするのが一般的なパターンです。

さらに弁護士に依頼すると任意保険適用後の金額を増やせる事例が数多く見受けられます。任意保険までの慰謝料で満足せずに弁護士に相談してみるのも得策と言えるでしょう。慰謝料の場合は自賠責だと死亡した方に300万円ですが、弁護士基準ですと2,800万円となっています。弁護士費用は掛かりますが、満足のいく慰謝料で事故に遭った不遇を挽回したいものです。

交通事故慰謝料の種類

交通事故では怪我をしたりものを壊したりすることがあります。或いはされる、ということになるでしょう。そのときに慰謝料をもらうことができる可能性がありますがこれは相場がほぼ決まっています。

依頼した弁護士基準で請求するのではなく、治療費や交通費、休業損害、或いは稼げたはずの金額、つまりは逸失利益なども含められて計算されることになります。そして、慰謝料には三つの種類があり、それが入通院慰謝料であり、もう一つが後遺障害慰謝料、そして、死亡慰謝料になります。交通事故慰謝料はこの三つのどれかに当てはまることになります。

千葉、茨城、東京で交通事故慰謝料を相談するなら

法律事務所、弁護士法人リーガルプラス千葉、茨城、東京

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

津田沼事務所
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

かしま事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料