交通事故慰謝料で損をしないために

交通事故慰謝料の算出基準には、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準の3種類があります。その中でも弁護士基準は、交通事故における過去の判例を参考に慰謝料を算出するため、3種類の中で最も金額が大きくなり、他の2種の4倍にもなることがあります。

怪我の治療にかかった分だけでなく、怪我のため欠勤した期間の生活費や入院雑費なども併せて請求可能です。また、障害が残ってしまった場合や精神的苦痛などの理由も認められ、プロである弁護士の手助けで正当な金額を請求することができます。交通事故に遭ってしまったとき、パニックになってしまうことも多いですが、まずは落ち着いて弁護士へと相談しましょう。

弁護士が行う交通事故慰謝料の交渉

どうしても納得ができないような交通事故慰謝料でも、交通事故を熟知している弁護士が交渉をおこなうことで、慰謝料の金額が大幅に多額になるようなケースも実はあります。交通事故慰謝料においての弁護士が果たす、影響は大きいことがあげられるでしょう。

特に裁判の判例がもとになっている弁護士基準での慰謝料は、金額が大きくなることから、弁護士に交渉をおこなってもらう事は必須になるでしょう。自分で交渉をおこなえれば一番ですが、なかなかそのような事は出来ませんので、プロである弁護士に交渉してもらうことで、納得のいく和解内容にできるでしょう。

後遺症が残ってしまった場合の交通事故慰謝料

交通事故でおった負傷によって治療などをしていても、後遺症状が残ってしまうようなこともあり、そういったケースには怪我の治療費の他にも慰謝料がかかってきます。後遺症状は今後の生活にも影響を与えるということが予想されます。

このため、受け取れる交通事故慰謝料も多くなるのです。後遺症に関してはわかりづらい面もありますので、症状を感じた場合においては速やかに対応をしてもらうようにしましょう。医療機関での診断書が、慰謝料の金額を決定づけた事例が数多くありますので、診断書の記載はおこなってもらうようにしましょう。慎重におこなっていくことで適正な慰謝料を受け取ることができるでしょう。

交通事故慰謝料は事故条件で変わる

事故が起きている時の状況、そして条件に合わせて交通事故慰謝料を決めなければなりません。金額が多くなっていればいるほど、その状況は悪いと判断されるようになり、多くの金額に影響していく部分があります。

弁護士基準を検討していかないと、交通事故慰謝料をある程度決めづらいところもあります。金額がわからないのに提示しているとか、適当に支払いをするのは良くないのです。弁護士基準を持ってきて、この金額でどうなるか交渉していくのが大事となっていて、ある程度高い金額だとわかってもらえるようになれば問題なく完了します。

千葉、茨城、東京の交通事故に強い法律事務所、弁護士法人リーガルプラス

市川事務所
〒272-0021 千葉県市川市八幡2-16-1 はぐちビル4 階

津田沼事務所(船橋)
〒274-0825 千葉県船橋市前原西2-14-2
津田沼駅前安田ビル10 階1002 号室

千葉事務所
〒260-0015 千葉県千葉市中央区富士見1丁目14番11号
常盤ビル7階A

成田事務所
〒286-0033 千葉県成田市花崎町800-6 丸喜ビル5 階

東京事務所
〒103-0027 東京都中央区日本橋3-1-4 画廊ビル7階701号室

鹿嶋事務所
〒314-0031 茨城県鹿嶋市宮中字東山321-1

https://legalplus.jp/

交通事故慰謝料の相談は弁護士法人リーガルプラスへ

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料