交通事故慰謝料の弁護士基準と自賠責基準との違いについて

交通事故慰謝料には弁護士基準と自賠責基準があり、双方の違いとしては後者よりも前者の金額が大きくなります。自賠責基準とは、自動車やバイクの運転手に義務として規定されている自賠責保険の基準のことです。

加入しなければならない強制保険であるため、事故被害者に対する保障は必要最低限になっています。この基準に従った交通事故慰謝料の支払い金額は、大抵の場合、被害者が納得できる金額に達していません。任意保険の保険会社は任意保険基準に従って算出しますが、自賠責保険の基準より少し上乗せした程度の慰謝料を算出する会社があるため、しっかりと注意する必要があります。

また、それぞれの保険会社が独自に設定している基準があるため、慰謝料の額はそれぞれの保険会社によって異なります。弁護士基準とは、交通事故の過去の裁判による判例を元に算出した計算方法になります。

この基準は民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準と同等のものであり、これに具体的な算定基準が掲載されています。この算定基準は実際の裁判でも重視されており、その信頼性は高いものになっています。実際に裁判になった場合の賠償額は、この算定基準によって提示された数字に近くなるケースが多いと捉えられています。それぞれの基準について理解しておけば、予期せぬ交通事故に見舞われた際に役立ちます。

交通事故慰謝料の弁護士基準と自賠責基準の示談金の違いについて

交通事故に遭って怪我を負うと、その損害を補償するために被害者には、加害者に損害賠償金を請求する権利が発生します。 損害賠償金には、治療費などの実費も含まれますが、大きな割合を占めるのが、交通事故慰謝料になります。 交通事故慰謝料は、被害者の精神的な苦痛という曖昧なものを、お金に換算するために解釈次第でいくらでも安くすることができてしまうので、被害者の権利を守るために自賠責基準という最低限の金額が定められています。

加害者側は、被害者側に最低限の金額であることを知らせずに、自賠責基準に近い任意保険基準という基準を使って示談金を提示してきます。 損害賠償金は、ほとんどの交通事故で示談交渉によって金額が決められます。 しかし、被害者が主張する損害賠償金の金額と、加害者が主張する損害賠償金の金額に差が大きすぎる場合に、裁判が行なわれて決められる場合があります。

このようにして、損害賠償金の決め方には幾つかの判例が残ります。 弁護士に依頼して交通事故慰謝料を割り出してもらうと、この判例を基にした弁護士基準で割り出されることになります。 そのため、被害者の損害に応じた損害賠償金の金額を加害者側に示せることになります。

知っておくべき交通事故慰謝料

交通事故の発生により被害者の立場になってしまった場合、加害者との交渉によって交通事故慰謝料が請求できます。交渉の話し合いは、加害者との間に保険会社の担当者が介入しますが、その事例は様々なのもが挙げられます。

入院費や怪我の治療にかかる費用が含まれるもの、また仕事を休業している間に得られるはずだった場合の補償金など、慰謝料を請求できる種類も様々です。後遺症を負ってしまった場合や、命に関わる事故に発展してしまった場合においても、正しい情報や知識を得ながら交渉を進めたいものです。弁護士や司法書士などの法律専門家に相談するのも、一つの解決方法です。

交通事故慰謝料で損をしないためには

あらゆる事例による交通事故慰謝料は、当事者同士でスムーズに行われないなどの問題にも発展しかねません。加害者や保険会社からの提示された条件に対して判断できない時、さらに思うように条件交渉を進めることができない時などにおいては、弁護士などの法律専門家へ相談することによって、解決へと繋がるケースも多く見受けられます。

被害者側としてなるべく損をしないように交渉を行うためには、法律に基づいた的確なアドバイスや判断基準が大きなポイントにもなります。無料相談などのサポートを上手く活用すれば、効果的な解決に繋がるでしょう。

交通事故慰謝料の考え方について

交通事故の任意保険基準においては、これといった基準額は定められていません。しかしながら、通常では、自賠保険責基準と同じように1日の慰謝料における金額を4,200円としているうえで、実治療においての日数や入通院の期間に比例して、保険会社が妥当と考える金額が提示されていることが多いことが挙げられます。

同じ事例の交通事故慰謝料であっても、どの基準で採用されるかで、金額は大きく変わってきます。このような相場や基本となる基準についても、交通事故弁護士に依頼することで、有利にすることができ大きく変わってきます。

交通事故慰謝料の詳しい内容について

交通事故にあってしまった場合には、何らかの被害を受けてしまう可能性が高いとされています。そのような中で、交通事故の慰謝料は支払われることになりますが、その交通事故慰謝料においては、基準が複数存在します。

その基準については、自賠責保険基準や任意保険基準、弁護士基準とお言われ、この中から慰謝料の金額が決まります。しかしながら、この基準における金額はそれぞれ大きく異なり、事例によっては多額の差が出てしまうことが分かっています。高い基準での慰謝料を受け取るためには、交通事故を専門とする弁護士を依頼することをお勧めします。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料