営業時間が長い司法書士

事務所の営業時間が短い場合には司法書士にコンタクトを取る事ができる時間帯というのはかなり限られてしまう事があります。ネットから相談した場合でも、返事をしたりして何度もやり取りを行う必要がある場合においては、仕事中は手が離せない場合も多いでしょう。

特に借金問題を扱っている事務所など個人の問題を扱う場合には、普段は仕事をしている相談者もいます。

仕事に影響が出ない様にするために、会社帰りや休日を利用して法律相談にやってくる事もあります。夜遅くまで営業していると、家族や会社の人に知られる事なく、司法書士に相談する事もできるでしょう。

あらかじめ対応してくれる時間帯を把握しておきたいですね。

積極的に利用する弁護士と司法書士

弁護士や司法書士と言えば、堅苦しいイメージを持っている人も多い様です。そのため、弁護士や司法書士に対して敷居を高く感じる事もあり、気軽に困った事を相談する事に対してためらってしまう人もいる様です。

また、費用面などでもかなりの費用がかかるのでは、と懸念している人もいる様です。

日常的に困った事があった時に助けを求める事で、問題が解決し物事がスムーズに進むというケースもたくさんあります。

もっと積極的に弁護士や司法書士を利用したいですね。

司法書士に依頼したときの成功可能性

過払い金請求や債務整理などの問題は、司法書士でも借金相談にのれます。さらに、140万円以下の借金なら、認定司法書士ならば代理人となって交渉をしたり、請求したりすることもできます。

弁護士に依頼をしたときに比べて、成功する可能性が下がるというわけでもありません。なぜなら、債務整理はそれほど特別な経験やスキルが必要とされるものではないからです。140万円以下の過払い請求や、任意整理については、司法書士も選択肢に入れてみましょう。

自己破産の場合には、地方裁判所における代理権はないので、代わりに訴訟をしてもらうことはできませんが、手続き書類の作成などについては、してもらうことができます。

法務省管轄の司法書士は難易度が高い

不動産登記の専門資格者である、司法書士は、多くの保有者が独立開業して仕事をしているので、独立して働きたいと考えている向上心がある人が多くなっています。 資格試験は1年に一度行われており、管轄は法務省となっていて、試験合格後の登録なども法務省が管轄しています。

この司法書士試験は非常に難易度が高い資格であり、毎年合格率がかなり低くなっているので、資格合格まではかなりの努力が必要になります。 試験内容は実務に即した、不動産登記法や民法などが中心となっているので、勉強を通じて実務に必要な知識を習得していくことができるでしょう。

司法書士が交渉できる内容

司法書士が交渉できる内容は、140万円以下の借金の任意整理です。そのほか、過払い金についても、140万円以下なら代理人となって交渉ができます。この「140万円」という金額は、総額ではなく、1社あたりの金額です。そのため、借金の総額が300万円を超えていても、個別の債権が140万円以下なら代理人になれます。

裁判になった場合でも、簡易裁判所までなら代理人となって裁判に出てもらえます。地方裁判所に上訴された場合には、司法書士では代理人になれませんので、弁護士に依頼をする必要があります。上訴される可能性がある場合には、最初から弁護士に依頼をしておいたほうがよいでしょう。

借金の負担がつらいなら司法書士に相談

司法書士に相談することで、借金の負担を減らすことができます。なぜなら、借金をする際の金利を定めた法律が改正されたからです。つまり、これまでの金利が高すぎたため、新たな金利で借金額を計算することになります。

そうすると、これまでに払いすぎたお金が戻ってきます。この手続きを本人で行うのには、とても時間や手間がかかります。そこで頼りにしたいのが、司法書士なのです。借金の負担を減らすサポートをすぐに行ってくれますし、初回相談は無料であるケースがほとんどです。プライバシーを守ってくれますので安心して相談してください。

過払い、司法書士に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料