過去の交通事故で支払われた慰謝料

法律家は過去の交通事故の慰謝料に関する訴訟において、いろんな判例を把握している事もあります。

一般の人は交通事故の慰謝料問題における判例など気にも留めない事も多いでしょう。もし、怪我を伴う交通事故により、訴訟を検討しているなら、ぜひ過去の判例に注目してはどうでしょうか。

また、弁護士に訴訟に向けて依頼をする事もあると思いますが、過去の交通事故の判例で、自分の交通事故の慰謝料の問題と類似しているケースを探すのもいいかと思います。

弁護士で慰謝料の訴訟の判例についても詳しい人がいますので、聞いてみるのもいいでしょう。慰謝料は怪我の重症度や入院や通院の日数などが関係しています。

交通事故慰謝料は怪我の程度によって変わってくる

交通事故慰謝料は、損害賠償の一種です。すなわち、被った損害が大きいほど金額が大きくなります。なので、慰謝料をたくさんもらえたからといって、得をしたとか、損をしたとかいう話ではありません。

しかし、相場よりも小さな慰謝料しかもらえなかったら、それは損をしているということになります。100万円の損害を被ったのに、50万円しか補償してもらえなければ、損をしています。

交通事故慰謝料は、怪我の程度によって変わってきますが、保険会社はできるだけ支払う慰謝料を少なくしようとします。相手はプロなので、こちらも弁護士を雇って、相場通りの慰謝料をもらうようにしなければならないでしょう。

交通事故慰謝料の増額を求めるには

交通事故慰謝料には、自賠責基準と裁判基準がありますが、自賠責基準の方では、交通事故慰謝料が機械的に決まりますので、増額請求をしても無駄となります。増額されることはありません。

そういう制度ではないからです。被害者が、けがの重傷度や入院日数の多さ、ひき逃げや証拠隠滅による被害などを考慮してほしいと願うのは当然のことです。そうした請求するとしたら、弁護士をつけて、裁判基準による慰謝料を請求することになります。弁護士がついたことで、加害者側が請求に応じる場合もあります。応じなければ、裁判の場で判決を得ることになります。

交通事故慰謝料の相場と骨盤骨変形の状態

骨盤骨変形の治療を進めるためには、専門性の高い医師に診断を受けることはもちろん、実績のある医療機関の選び方をマスターすることがとてもおすすめです。 現在のところ、交通事故慰謝料の請求の仕方について興味を持っている人が珍しくありませんが、いざという時に備えて、アフターサービスがしっかりとしている法律事務所を選ぶことが何よりも大切です。

そして、交通事故慰謝料の総額については、それぞれのケースによって、大きなバラつきが出ることが知られています。 そこで、実績のある法律事務所のサポートの良しあしを比較することがコツです。

交通事故慰謝料の詳細について

交通事故の被害者側になってしまった場合に、交通事故慰謝料を受け取ることが可能になります。しかしながら、この交通事故慰謝料については、基準がそれぞれ設けられていて、加害者側の提示してくる基準によって、受け取れる側の慰謝料の金額は大きく違ってきます。

内情を知らない人だと、はじめに提示された慰謝料で了承してしまう可能性が高くありますが、実際のところは低い金額の慰謝料になってしまいます。一番高い基準で設定されている弁護士基準の慰謝料は、裁判所基準とも言われていて、大きな金額が受け取れる可能性が高いです。

交通事故慰謝料の3つの基準について

交通事故慰謝料における3つの基準には、裁判所での過去の判例などを採用している弁護士基準や、加害者側が加入する保険会社の独自の基準となる任意保険基準、自動車保険における最低限の基準としての自賠責保険基準などがあります。

おなじ事例であっても、この3つのうちどの基準を元にするかで、支払われる金額は大きく変わるものとなります。適切な交通事故慰謝料を受け取りたい場合には、交通事故を専門としている機関に助言をもらうのか、交通事故弁護士に依頼するかになってきます。自力で交渉するのはまずむずかしいとされています。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料