被害者が10代の場合の交通事故慰謝料について

被害者が10代の場合、交通事故慰謝料は高額になるというイメージを持っている人が多いかもしれません。後遺障害が残った場合、逸失利益についても計算します。逸失利益は、その人が事故にあわなかったら将来稼げていたであろう収入の減少ことなので、まだ若い人の場合、とても高額になります。

しかし、後遺障害が残らなかった場合には、逸失利益の計算はされないことが多いので、損害賠償の金額はむしろ少額になることもあります。仕事を休むことになった場合、休業損害も損害賠償として請求できますが、まだ若い人は給料がそれほど高くないので、休業損害もそれほど高額にならない傾向があるからです。

交通事故慰謝料とは、損害賠償の総額のことを指す場合もありますが、一般的には肉体的・精神的な苦痛に対する賠償のことを言います。若い人と、高齢者とでは、肉体的・精神的な苦痛の大きさが違うと考える人もいますが、自賠責基準、任意保険基準、裁判所基準のいずれの基準でも、交通事故慰謝料の金額の算定では年齢による差別はされていないように思われます。もちろん、若い人と高齢者とでは怪我の治療にかかる期間が異なるなど、絶対に年齢が影響しないとは言えません。

10代の人は、後遺障害が認められると損害賠償の金額が跳ね上がるので、損をしないためには弁護士に相談をしておくのが確実です。

被害者が20代の場合の交通事故慰謝料について

被害者が20代の場合は、その時点でどのような社会的な立場にあったのかで、交通事故慰謝料の金額が大きく異なります。 通院や入院を強いられた場合は、その日数において働けるはずだった逸失利益の請求も行われるのが一般的ですが、相場としてはその職種の平均給与と、本人の直近の年収が参考にされます。

交通事故を原因とした怪我については、その治療の期間がそのまま精神的苦痛による慰謝料請求の根拠にもなるので、被害者に負わせた怪我の程度によっては高額の賠償も覚悟しなければいけません。

ただし、交通事故慰謝料は、無制限に被害者が救済されるわけではなく、あくまで妥当と見なされる範囲での支払いとなります。 学生についてはアルバイトぐらいしか行っていないので低めになりがちですが、重度の後遺症が残ってしまい、今後の就労がほぼ不可能と診断されれば、生涯給与に相当する請求もあり得ます。

20代は体力がある年代ではあるものの、まだ年収が低い傾向にあり、交通事故慰謝料としての支払い義務は少ないが、被害者感情としては納得できない事例が目立つので注意しましょう。 感情的な言い合いになると、まとめられるはずの示談も成り立たなくなってしまうので、最初から弁護士に委任してしまうのも一つの手です。

被害者が30代の場合の交通事故慰謝料について

交通事故といものは被害者、被害者の家族の悲しみは計り知れないですが、同時に加害者には非常に重い責任がのしかかります。加害者は交通事故慰謝料というものを払わなくはいけないのです。この交通事故慰謝料は被害者の年齢や職業が関係していて、働き盛りの30代の場合は高額な慰謝料を支払う必要が出てきます。

なぜ高額な慰謝料が必要になるのか、気になる人も多いと思います。一般的な理由は、30代というものはライフスタイル的にも重要な位置にあり、家庭を持っている年代であり、仕事も20代の時とは違って中心的な存在になっている年齢とも言われています。

子供がいる場合、子供を養っていくお金が必要です。仮に被害者を結婚3年目の会社員の男性で、主婦の妻、子供の3人家族とした場合、被害者の男性が交通事故でなくなった場合、残された家族の金銭的負担は大きくなります。

なので、このような場合には高額の慰謝料を支払う必要があります。他にも例を挙げると、被害者の方の職業が専門職で高収入の場合、慰謝料が高額になる可能性が高いです。会社経営、医者、弁護士などが交通事故の被害者の場合は、何千万、さらには何億という高額な慰謝料になることもあります。

交通事故慰謝料相談に関する記事

交通事故弁護士による慰謝料の相談、債務整理、過払い請求、離婚相談の内容に正しくない内容があるかもしれません。

参考程度でご利用ください。交通事故慰謝料の相談、債務整理、過払い請求はお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。

弁護士、司法書士は大阪、東京、千葉などには多数いますのであなたにあった弁護士、司法書士がいます。

生活を守る債務整理
過払い、司法書士
交通事故慰謝料相談
モラハラ離婚、浮気離婚慰謝料